top of page
  • 執筆者の写真坐ッ路Zallo(福田有里子)

『嬉奇舞踊』 導化構想:№11

更新日:2018年6月7日



 

『嬉奇舞踊』


導化構想:№11 2013年 制作

 

《+導-》


「・・・言えないの?」

反感! 反感! 疑念のべェェェ―――!! こけおどしの世の蒙昧に 目立つ個性が穿たれる 潤色の世に潜水し 児戯を忘れた貴公等に告ぐ!!!

僕は僕を認め語り 僕は君を認め讃え


素直な言葉も 苛酷な事実も


「君の口が言えないなら 僕の舌を通せばいいさ」

真の理解が 何たるか

 

伝えたいこと concept


"導"くための"道化"を模索し

個性を否定しないための"導化"を創造した


周りと違う自分を 認められるよう導いて

自分と違う 他人の存在を認められたら

心の意見を吟味して 間違えないよう疑って


その言葉をハッキリと 口に出して言ってほしい


直感めいた 幼稚と思えるその言葉が

それこそ大事な時がある


 

この作品に関連する詩のリンク

 

 

※【難語の意味:goo辞書より出典】


・児戯(ジギ)・・・子供の遊び。また、幼稚なこと。

潤色

蒙昧


 

閲覧数:15回0件のコメント

Comentarios


bottom of page